「飲む」日焼け止めとは?塗るタイプの日焼け止めとの違い

「飲む」日焼け止めとは?塗るタイプの日焼け止めとの違い

日焼け止めクリームはお肌のためにも塗りたいと思っているけども、あることがどうしても許せなくて日焼け止めクリームを塗っていないという方、すごく多いです。


その「あること」とは、やはり、あの日焼け止めクリームのテクスチャーですよね。

今はテクスチャーもさらっとしたものが増えてきていますが、保湿クリームではありませんから、何だかお肌がカピカピになっていくような気がするという錯覚も起こします。

そんなつける日焼け止めが嫌いな方は注目していただきたい「飲む」日焼け止めとはどんなものか、塗るタイプの日焼け止めとの違いも見ていきましょう。

飲む日焼け止めって何?その効果や副作用も見ていこう!

飲む日焼け止めって何?その効果や副作用も見ていこう!飲む日焼け止め、この言葉からあなたがイメージするのは、薬なのか、それともサプリなのか、もしくは飴などの食べ物なのかということですよね。

そこで、ここでは飲む日焼け止めとはそもそも何なのか、そしてその気になる効果や副作用についても見ていきたいと思います。

飲む日焼け止めってどういうもの?

気になる飲む日焼け止めといわれるものは、当然、口の中に入れる日焼け止めのことを指しますが、これは薬やお菓子などではなく、サプリメントです。

日差しから守る力があるから薬なのかと思われる方も老いのですが、サプリメントなので、薬だと思っている方にとっては、薬よりも圧倒的に体に優しいものなので、安心して飲んでいただけます。

飲む日焼け止めの効果は?

当然ですが、飲む日焼け止めですから、日焼け止め効果があります。

ただし、後から配合されている成分はご紹介しますが、この配合成分により、飲む日焼け止めによってアンチエイジング効果を得ることができます。

さらには、その成分が血液をサラサラにして代謝をアップしてダイエット効果を及ぼすこともありますし、白髪の防止、肌のトーンアップなど、様々な健康と美容効果を得ることができるという、優れたサプリメントでもあります。

また、コラーゲンを保護する働きがあるサプリでもあるとされているので、しみやしわの予防につながります。

なぜならお肌からコラーゲンが減ってしまうことで、しみやしわができやすくなりますが、その数をキープできる飲む日焼け止めは、美白効果があると言えるのです。

気になる飲む日焼け止めの副作用はあるの?ないの?

サプリを使う上で皆さんが気にすることが副作用ですよね。しかし、一般的にサプリは薬ではありませんから、副作用がないものが一般的です。

とはいっても、ここに植物や食物が含まれていれば、食物アレルギーや植物アレルギーを持つ方は今は多くいらっしゃいますから、しっかりと成分内容を確認しなければいけません。

それで問題ないと思っていてもまだ普段だという方は、かかりつけの医師や専門家に確認してから使用するようにしましょう。

しかし、基本的には飲む日焼け止めには臨床試験でも問題がないと出ていることから、副作用の心配はないサプリだということが言えます。

飲む日焼け止めの成分を教えて!

飲む日焼け止めの成分を教えて!飲む日焼け止めはサプリであるということがわかりました。

「じゃあ、もう体に問題ないものだから飲んで大丈夫だ」と、安易に考えることは悪くはありませんが、しっかりと、そこに含まれている成分もここで知っておきましょう。

ニュートロックスサンの役割を教えて!

ニュートロックスサンというのが、飲む日焼け止めの主成分の1つです。

これは、ローズマリーのエキスとシトラス系の果実をミックスしたもので、シトラス系の果実には、アンチエイジング効果のあるポリフェノールが含まれています。


ポリフェノールは、紫外線予防効果があるとして知られる成分ですよね。

そして、ポリフェノールはそれだけでなく、アンチエイジング効果として、体のサビ(酸化)を抑えること、それに、血液をサラサラにして代謝をアップすることなどがあります。

体のありとあらゆるパーツの老化を防ぎ、健康をサポートしてくれる働きを持っていますので、日焼け止め以外の効果が得られます。

フェーンブロックでしみやしわを予防する!

これもアンチエイジング効果のある成分といえるのですが、フェーンブロックはシダ植物からとることができるポリポディウムリュウコトモスエキス(PL)が含まれています。

このPLの働きの中にしわやシミの予防、つまりは美白効果があるとさ入れているので、日焼け止めとして効果的なのです。

ちなみに、この成分は古代マヤ文明から医療用として使われてきたものですから、歴史のある成分でもあり、その効果のすごさがうかがえますよね。

飲む日焼け止めの効果をアップするための方法は?

飲む日焼け止めの効果をアップするための方法は?飲む日焼け止めを飲むのであれば、できるだけ効果が高い方が当然うれしいですよね。そこで、ここでは飲む日焼け止めの効果をアップする方法をご紹介したいと思います。

外出する時間を逆算して!

家にいながらも私たちはある程度の日差しを浴びてはいるのですが、窓や屋根、それにカーテンによって直接的に紫外線を浴びることは避けられます。

しかし、外に出れば、直接的に紫外線を浴び続けるわけです。ということで、飲む日焼け止めを飲むタイミングとしてベストなのが、外へ出る前です。

といっても、そんなのは人によりけりで、外に行く数分前に起きて支度をする人もいれば、数時間前から起きて外へ行く方もいます。

お勧めしたいのは、外出する30分~1時間くらい前までには飲む日焼け止めを体に入れておくということです。


この時間帯に飲んでおけば、サプリの効果を外に出ている時に十分に発揮してくれます。

気になる持続時間ですが、大体4,5時間程度となるので、外に出て3時間ちょっとしてから、また新たに飲む日焼け止めを飲めば、効果はキープできるというわけです。

日焼け止めクリームなどとダブルで使いたくないという方は、特にこのように時間を気にして飲み続けることを意識することをおすすめします。

当然だけど、水かぬるま湯で飲んで!

サプリは薬じゃないから、どんな飲み物と一緒に飲んでも効果は変わらないだろうなんて思っていませんか。そんなことはありませんよ。

水かぬるま湯と一緒に飲まないと、有効成分が飲み物に含まれている成分やお湯の熱さなどによって失われてしまうことが多いからです。

ですので、必ず水かぬるま湯で飲んでください。

飲む日焼け止めの場合、お酢だとか、鼻につくような苦みや臭みのある成分は含まれていることはありませんから、水かぬるま湯で飲んでいただいても味の癖を感じることなく飲んでいただけますよ。

>>美白サプリ おすすめ

できれば日焼け止めクリームとのダブル使用がいい

もちろん、飲む日焼け止めだけでも日焼け止め効果は高いです。


ただ、ここで日焼け止めクリームを塗ってあげることによって、顔表面の皮膚の上に幕を張ることができるので、直接的に紫外線をお肌に吸収しなくなりますよね。

さらに、体の中からも日焼け止め対策をしていれば、ダブルで日焼け止め効果がありますし、お肌にもより優しい外出ができます。

現在は、さらっとしたタイプの日焼け止めクリームも多く販売されているので、お肌により負担をかけないクリームを選び、飲む日焼け止めと一緒にさらなる美白を目指しましょう。

飲む日焼け止めで人気の商品は、ホワイトヴェールです。当サイトでも成分・効果・口コミ評判などをまとめていますので、興味がある方は是非ご覧になってください。

ホワイトヴェールの口コミ評判・効果>>

美白サプリ ランキング

関連記事

中学生・高校生でも美白サプリを飲んでも大丈夫?

中学生・高校生でも美白サプリを飲んでも大丈夫?

美白サプリと美白ドリンクの違い|それぞれのメリット・デメリット

美白サプリと美白ドリンクの違い|それぞれのメリット・デメリット

美白サプリは飲むのを止めると元に戻る?

美白サプリは飲むのを止めると元に戻る?