ヨーグルトが美白に良いと言われる理由について

ヨーグルトが美白に良いと言われる理由について

ヨーグルトは、手軽に買えてみんな大好きな食べ物です。風邪の時にもさっぱり頂けますので、どんな体調の時だって食べやすくて万人ウケします。

そんな毎日なにげなく食べているヨーグルトが実は美白に効果があるのです。

女性なら快便のために食べている方はいらっしゃると思いますが、それが美白作用もあると知ったらこの上なく嬉しいですね。

ヨーグルトにある美白成分

ヨーグルトにある美白成分いつも食べているヨーグルト。そんなヨーグルトの中に、本当に美白作用があるのかを徹底的に解説していきたいと思います。

ヨーグルトで美白ができれば、高い化粧品を買ったりするより手軽にできて嬉しいですね。

本当にヨーグルトの中には美白に関する成分があるのかを徹底的に調べ上げてまとめました。

ビタミンB2

ヨーグルトは、牛乳と同様、カルシウムが1番大量に含まれています。しかし、その次にビタミンB2が多く含まれています。

ビタミンB2は、脂質を分解させエネルギーに変えたり、皮膚の粘膜の働きを正常に保ったり促進させる働きがあります。

このためビタミンB2が不足すると肌がくすんだり、黄色味をおびたり、黒ずんだり、肌荒れが起きます。あとは、口内炎ができやすくなったり、唇も荒れたりします。

ビタミンB2は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促すため、肌のサイクルを正常化して、シミソバカスができるのを防ぎます。

シミソバカスが無い肌は、真っ白で陶器肌のようで美しいです。肌の生まれ変わりは、28日周期で行われます。

その周期が乱れてしまうと、ニキビができたり肌荒れがしたり、シミソバカスができたりしてしまいます。

ヨーグルトの中にビタミンB2が入っているなんて知らない方の方が多いと思いますが、このビタミンB2こそ、美白を目指す方には朗報なのです。

フルーツ酸であるホエイエキス

ヨーグルトを放っておくと、透明な上澄みが浮かび上がってきます。これをフルーツ酸、別名ホエイエキスと呼びます。

フルーツ酸は、古い角質を取り除き、ゆで卵のようなつるんとした透明感のある美白効果抜群のお肌にしてくれます。

このフルーツ酸は、様々な既製品の化粧品にも配合されていて、とくに美白、ピーリング化粧品には、成分表示の欄に記載されていることが多く見受けられます。

そんな美白、ピーリング化粧品と同じ成分がヨーグルトから採れるなんて目から鱗の情報です。ピーリングというと、肌を傷めてしまうようなイメージがあります。

実際ザラザラしたツブツブが入っているピーリング化粧品なども販売されていて、そういったピーリング化粧品だと肌に合わないと肌荒れにつながります。

しかし、ヨーグルトのフルーツ酸なら優しくピーリングをしてくれるため、肌に合わないかな?とパッチテストなどを行わなくてもすぐに使えます。

美白効果を得るためのヨーグルトの食べ方

美白効果を得るためのヨーグルトの食べ方効率良く美白効果を得るためにはいつヨーグルトを食べたら良いのでしょうか。朝食べる方が多いと思いますが、実はその食べ方はもったいない事をしています。

どうせ食べるのなら、肌に効果的な時間帯に食べたいですよね。そんな時間帯なんてあるのかと思いますが、実はあるのです。

夜食べた方が効果的

美肌は夜作られるという言葉を聞いたことはありませんか?美肌が作られるお肌のゴールデンタイムは、夜10時から2時までの間です。

その時間はお肌のためにも、かならず就寝していないといけません。と、言うことは、ヨーグルトもかならず夜食べる事をおすすめします。

夜食べると乳酸菌が腸に効率良く吸収され、お肌のゴールデンタイムには美白作用をもたらしながら美肌に整えてくれます。

しかも、夜食べておけば、翌朝の便通も快調になり、腸がみるみる元気になっていきます。

腸が元気になれば、お肌全体が綺麗になり、美白効果だけでなく、吹出物が出来にくくなったり、肌荒れもしにくくなります。

お化粧ノリもよくなりますので、会社でも友人内でも、最近肌綺麗だねとお褒めの言葉をもらえるようになります。

ハチミツを加えて食べる

ヨーグルトにハチミツを加えて食べるだけで、より美白作用が得られます。

ハチミツにはビタミンB、ビタミンCが含まれていて、天然成分として健康効果、お肌の生まれ変わりを促進させます。

ビタミンCがヨーグルトとの相乗効果により、しみそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制させてくれ、美白作用に効果てきめんです。

ハチミツをいれるだけでこんなにも美白、美肌効果を得られるのなら、明日から実行したいですね。ただ食べるだけより、ハチミツを入れて食べましょう。

上澄みは捨てない

ヨーグルトを食べる際、溜まった上澄みを捨てる方がいます。最近は、水切りヨーグルトと言って、上澄みをわざと切って食べている方もいます。

しかし、上澄みにこそ栄養価の高い成分が入っているため、必ず上澄みはヨーグルトに混ぜ込んで食べて下さい。

混ぜ込んでしまえば、分離することなく、食べやすくなり、トロミがつくため小さなお子さんも食べやすくなります。

ヨーグルトを直接顔に塗る美容法

ヨーグルトを直接顔に塗る美容法体の内側からもアプローチするのならば、外側から塗布する事により、美白成分が肌内部に浸透していきます。

ヨーグルトには食べるだけじゃなく、化粧品の一部としての使い方もあるのでご紹介します。

ヨーグルトパックのやり方

ヨーグルトならなんでも良いですが、お砂糖が入っているよりは、プレーンの方がベタつきもなくて良いです。

そのまま塗っても効果はありますが、首に垂れてきてしまったり、洋服が汚れてしまうおそれがあるため、小麦粉を少し混ぜる事をおすすめします。

小麦粉を適度に混ぜ込んでいくと、粘り気がでてきて、まるで石膏パックのようになります。

15分から20分くらい時間をおいてあげると、固まってくるので、こうなったら成分が肌に浸透したサインです。

そしたら、ぬるま湯で優しくながしてあげて下さい。この時に無理やりゴシゴシあらうと肌を傷つける原因になりますので、優しくが基本です。

もっと効果を上げたい場合には、上澄みのみ使うとより凝縮された美白成分をダイレクトにパックできます。上澄みの作り方は、ヨーグルトにスプーンで穴をあけます。

窪みを作るイメージです。すると、翌朝にはその窪みに、上澄みがたっぷりと溜まっています。

それをそっとタッパーなどの容器に移し替えて顔型のローションマスクなどを浸して顔にパックするのもおすすめです。

ピーリング効果もある

ヨーグルトパックには、お肌の古い角質をからめとるピーリング作用があります。この効果を利用すれば、全身パックもできます。

ヨーグルトなので肌に優しいですし、かぶれなども心配ありません。

やり方は、ピーリングしたい部分、たとえば膝やひじ、ビキニラインの黒ずみに、ヨーグルトをしむこませたコットンをペタペタと貼り、蒸発しないようにラップでおおいかぶせます。

しばらくしてからはがして馴染ませると、黒ずみがとれてクリアな白い肌に蘇っています。

ざらつきもなくなり肌がもっちりしっとり柔らかくなるため、色々な化粧品を使うより、格安でお手軽に自宅でできます。

これをやれば、全身エステに行かなくても自宅でヨーグルトパックエステが叶ってしまいます。

とくにビキニラインの黒ずみはなかなか人に相談しにくい部位なので、綺麗になれたら嬉しいですね。

美白サプリ ランキング

関連記事

美白効果が期待できる食材・野菜など

美白効果が期待できる食材・野菜など

牛乳が美白に良いと言われる理由について

牛乳が美白に良いと言われる理由について