元々の肌の色が白い人と黒い人の違いとは?

元々の肌の色が白い人と黒い人の違いとは?

同じ日本人であっても、生まれつき肌が白い人もいればちょっと黒いなと感じる人もいます。

それは、皆さんが小さい頃から幼稚園や学校に通っていた際にも、「ああ、この子なんだかすごく黒いな」と、思ったことは絶対にあるはずです。

いわゆる地黒と色白と言われる肌タイプになりますが、こんな風にお肌の色が見た目的にも全然異なってしまうのはどういったことが原因となるのでしょうか。

それをここでは見ていきたいと思います。

お肌の色の違いはやっぱりここにあり

お肌の色の違いはやっぱりここにありお肌の色の違いには、やはり色々な根本的な原因が異なるからこそでてくる違いだということが言えます。

では、どんな違いからこういったお肌の色の違いが日本人同士の間でも生まれてしまうのでしょうか。

遺伝的に黒い肌であれば黒い肌になる

お肌の色の根本的な違いは、やはり遺伝にあるのです。

黒人と白人の両親の間でも、やはり、黒人の血を絶対に多く受け継いでしまうのが、混血の通常の流れです。

日本人であっても、元々お肌の色が濃いお父さんを持ったならば、いくらお母さんが色白でも、その血を受け継ぐ確率が高いです。

生活習慣によってこうなってしまう

例えば、元々は色白家系であるにもかかわらず、家族全員が黒い肌になっているとなった場合、「あれ、どうしてうちはみんな色黒なの?」と、当然誰しもその家族の一員となれば感じるでしょう。

そもそも色白なのに誰もが色黒になっているのであれば、その家庭のライフスタイルに問題があることが多いです。

ちょっと暇があればバックヤードに行って、日焼けをするとか、日焼け止めではなく、常に日焼け用のクリームを塗ってお肌をテカテカにしようとしている家族は、誰もがブロンズスキンになってしまいますし、中には日焼けのし過ぎで病気を患うなんていうメンバーもいます。

逆に色白が色黒になれる?

逆に色白が色黒になれる?色白状態の方は、多くの方から不健康だとみられがちなので、色黒に憧れたり、夏の間だけ色黒になっておしゃれな感じを追求していきたいですので。

では、元々色白な方が色黒になることはできるのでしょうか。

色黒になりたいなら、とにかく日焼けしろ

色白の方が色黒になりたい、ちょっと日焼け肌になりたいというのであれば、日焼けするしかありません。

日焼けサロンに行くのも良いですが、お金はかけたくないという方は、家の庭やベランダで簡単に水着になってすることができます。

ただし、例え日焼けを即座にしたいという状況であっても、クリームを塗るのを忘れないでください。

日焼けするためのクリームもあります(日差しをガードしつつ日焼けもできるもの)。

そういったクリームを使わないで日焼けをすることは簡単にできるのですが、日焼けした後は、皮膚がヒリヒリするだけでなく、もう居ても立っても居られないような状態になり、服がお肌にあたるのも苦痛です。

さらに、皮がむけて、日焼けはひとまずするのですが、汚い状態になってしまうので、きれいに日焼けするためにも、お肌を守るためにも、日焼け用のクリームを塗ることは絶対です。

簡単にケアもせずに行くならば日焼けサロン

通称サロンと呼ばれる、基本的にはUVで日焼けする人工的日焼けサロンは、日焼けまでのステップも、サロン側でサポートしてくれたりするので、ただ行って日焼けすればよいだけの単純な行程となります。

30分ほどから試すことができるので、これで自分のお肌にマッチするかどうかを判断して、継続するかどうかを判断し、今後も色白から色黒肌をキープするかどうかを検討すると良いでしょう。

一時的な色黒肌を作るのにもこういったサロンは非常に便利ですが、お肌に良い技術が使われている場所を選ぶのがポイントとなります。

色黒状態の自分が色白になるにはどうしたらいいの?

色黒状態の自分が色白になるにはどうしたらいいの?正直、色白から色黒になるなんて、お肌を焦がせばよいだけですから、簡単なのです。

しかし、色が濃い状態から薄い状態にするためには、それなりに努力が必要だと思われる方は多いかと思います。

実際には、その点はどんな状況となっているのでしょうか。

基本的なお肌のケアを

当然ですが、これ以上お肌が黒くならないようにするといったことが必要となります。

例えば、日焼け止めクリームは当然塗るのですが、その塗り方も、2時間に1度塗るようにする(要は、常に日焼け止め効果があるようにするということ)、それに紫外線にあまり当たらないように、帽子や日傘をしっかりとする、手などにも日差しが当たらないように長袖を積極的に切るようにするなど、紫外線を避ける生活をしましょう。

食事で色白対策をしよう!

食事から色白対策ができます。なぜなら美白効果のある成分を含む食材があるからです。

特に、皆さんもよく知っているトマトはリコピンやビタミンが豊富で、これらは美白効果がある成分です。

それに、グレープシードオイルやオリーブオイルなどは、抗酸化作用があり、お肌のサビを防ぐ効果があり、しわやシミなども予防するという、お肌を若返らせる成分としても知られていて、色白対策にもバッチリです。

美白効果がある食材に関しては、下記のページでまとめていますので是非ご覧ください。

美白効果が期待できる食材>>

適度な洗顔をしよう

洗顔のし過ぎは絶対にいけません。その理由は、洗顔のし過ぎで皮脂が失われ、余計に皮脂を分泌しようとして皮脂が出されてニキビなどの吹き出物が出てきてしまうからです。つまり、肌トラブルが出ます。

しかし、お肌を白くしたいのであれば、メラニン色素をお肌にためないことが必要ですよね。

そのために必要なことが洗顔なのですが、洗顔のし過ぎは絶対にお肌を傷つけるのでアウトです。

洗顔をし過ぎないのもお肌を負清潔な状態にして、メラニン色素をため込みがちになるので、これもアウトですので、適度に朝晩(できれば夜だけ)、丁寧に洗顔してあげることで、美白効果がアップするのでやってみてください。

肌のターンオーバーを活性化させよう

肌のターンオーバーを活性化させることで、肌の角質などを除去する働きがあり、これによって起こる黒ずみ(肌の色黒さ)も回避することができます。

そのため、肌のターンオーバーを活性化させるために、22時から2時はちゃんと寝ているようにしましょう。

この時間帯は、お肌のゴールデンタイムと呼ばれており、お肌が仮性化される時間ですので、この時間に睡眠をとってお肌を休めることで、白いお肌を手に入れることができます(メラニン色素も排出されるため)。

美白効果のある食べ物を食べよう

美白効果のある食べ物、特に抗酸化作用が強い食べ物といえば、ビタミンEやBを含む食材で、オリーブオイルやグレープシードオイルは、日頃の料理のも利用できるという面でも注目すべき食材でしょう。

それ以外に、豚肉、これはビタミンBが豊富に含まれていて、クエン酸とミックスさせることで、疲れをとってくれる、ストレスを解消してくれるという効果があるので、こういったことからの病気や肌トラブルを回避してくれます。

抗酸化作用もばっちりあるので、お肌の錆を抑えて、白いお肌をキープするという役割もある、美白効果のある成分です。

保湿クリームをしっかり!

これ以上黒くならない対策も必要で、日焼けしにくいように保湿クリームをしっかりと塗ることも大切です。

乾燥した肌は日差しを直で吸収して、お肌を黒くしてしまうためです。

美白サプリ ランキング

関連記事

中学生・高校生でも美白サプリを飲んでも大丈夫?

中学生・高校生でも美白サプリを飲んでも大丈夫?

美白効果が期待できる成分とは?含まれている果物・野菜など

美白効果が期待できる成分とは?含まれている果物・野菜など

美白サプリは飲むのを止めると元に戻る?

美白サプリは飲むのを止めると元に戻る?

美白効果が期待できる食材・野菜など

美白効果が期待できる食材・野菜など