キミエホワイトプラスは人気の美白サプリ!気になる成分や料金は?

年齢を重ねるにつれて、肌のシミも増えてきて女性を悩ませてしまいますよね。
美白化粧品でがんばってケアしていても、なかなか薄くなってくれなくて諦めかけていませんか。
シミ対策は肌の外側から化粧品でケアするだけじゃなく、体の内側から有効な成分を取り入れてあげる必要があるんです。
そんなインナーケアに適した医薬品がキミエホワイトプラスです。
どんな医薬品なのか気になる方のために、キミエホワイトプラスの成分や効果、特徴や価格などを徹底調査してみました。

キミエホワイトプラスの主な成分・効果について

キミエホワイトプラスの中でも、美白効果が高いのがL-システインです。
美白サプリにはたいてい入っている成分で、シミを作り出してしまうメラニンの生成を抑えてシミを予防してくれます。
さらにすごいのは、メラニンを無色化する作用がある点で、できてしまったシミを薄くするのに効果的です。
肌のターンオーバーを高める働きまでありますから、メラニンを含む古くなった肌細胞を不要な角質として、肌から排出しやすくしてくれるんです。

アスコルビン酸と言われるとピンと来ないかもしれませんが、実はビタミンCのことなんです。
過剰に作られてしまうビタミンCを抑制してくれて、シミやそばかすを防ぐ働きを持っています。
L-システインと共同作業で美白効果が高まりますから、一緒に配合されていると強力なパワーを発揮してくれるんです。
コラーゲンの生成を高める働きもありますから、シミだけじゃなくしわやたるみ改善にも役立ってくれます。

パントテン酸カルシウムはビタミンB5とカルシウムがくっ付いた成分なんです。
肌を健やかに保てるようにサポートしてくれて、ターンオーバーを活性化してくれます。
肌の代謝がよくなってターンオーバーが早まってくれますから、メラニンを肌から追い出しやすくなり、シミを薄くするのに役立ってくれます。
皮脂コントロールのサポート効果がありますから、ニキビ予防や毛穴の開きを引き締める効果にも期待できます。
健康な肌を保ちやすくしてくれますから、かぶれや湿疹などの肌トラブル全般に効果的です。
年齢が進むと糖化という現象が起きて黄ぐすみが進みやすくなりますが、糖の代謝を活発にしてくれますから糖化防止にもなるんです。
代謝アップ効果で、疲労回復や体のだるさを取ってくれたり、二日酔いなど、健康効果も持っています。

キミエホワイトプラスの他の美白サプリとの違いについて

キミエホワイトプラスはサプリメントではなく、効果効能がはっきりしている第3類医薬品なんです。
サプリよりも効き目が高くて、シミやそばかすへの美白効果も高いですからサプリよりも早く悩みを改善してくれます。

多機能でシミに色んな方向からアプローチしてくれるL-システインの配合量が多いです。
他にもシミ対策用の医薬品はいくつかありますが、240?と高配合なのはキミエホワイトプラスくらいのものです。
実は医薬品としてL-システインを配合してもいい上限というのが決まっていて、それが240mgなんですね。
キミエホワイトプラスはマックスまでL-システインを配合しているので、シミへの効果も高いんです。
アスコルビン酸の配合量も500mgと他のサプリや医薬品よりも多いですから、ダブルでシミやそばかすにしっかり働きかけてくれます。

メラニンを抑える美白成分だけじゃなく、ターンオーバーを促してシミを排出しやすくするパントテン酸カルシウムまで入っています。
相互作用でシミやそばかすを薄くするパワーが他のサプリよりも優れています。

キミエホワイトプラスはどんな人にオススメ?

美白成分がたっぷりと入っているキミエホワイトプラスは、シミやそばかすで悩み人にオススメですね。
30代以降は紫外線の影響が肌に出やすくなりますから、ポツポツとシミが肌に目立ち始める年代です。
美白化粧品だけのケアではなかなかシミに変化がなくて、諦めかけている人にもオススメです。

敏感肌やニキビなどの肌荒れで、シミが気になっていても美白化粧品を使うと肌荒れがひどくなってしまうこともあります。
そんな肌トラブルを抱えている人でも、インナーケアできるキミエホワイトプラスなら、しっかりシミ対策できますね。
おまけに肌荒れにも効いてくれますから、ダブルでケアできて健やかな肌を目指せます。

まだシミができていない人でも、将来のシミを定着させない予防措置としても使えます。
疲労回復効果までありますから、美白ケアしながら体も元気になりたい人にも向いていますね。

キミエホワイトプラスの飲み方は?

キミエホワイトプラスは医薬品なので、きちんと用法用量を守って飲むのが大切です。
1回1錠を1日に3回、食後に服用することになっています。
飲む量が少なすぎると当然効き目も薄くなりますから、効果を実感するまでに時間がかかってしまいます。
逆に多すぎると薬ですから、予想しないような副作用が出てしまう恐れがあります。
食後30分以内に飲むのが正しい飲み方です。
胃の中に食べ物が入っている状態なら、胃に負担をかけずに有効成分を吸収させられます。
食事からちょっと時間が空いてしまった場合には、何か食べ物を一口食べてからキミエホワイトプラスを飲むようにしましょう。

公式では効き目が現れるまでには時間がかかるので、2ヶ月から3ヶ月程度は続けるように推奨されています。
医薬品でも体に穏やかに作用する第3類医薬品ですから、ある程度は続けて飲まないと効果が実感しにくいんですね。
薬だからと即効性を求めるのではなく、3ヶ月くらいは飲もうと決めて長期で取り組むのが大事です。

キミエホワイトプラスに副作用はある?

キミエホワイトプラスは第3類医薬品で、薬の中でも副作用がほとんどない安全なものです。
公式サイトでも今のところ副作用の報告はないと書かれてあるように、安全性は確かですからそれほど心配する必要はないですね。
ただし、薬ですから副作用が全くないとも言い切れません。
人によって体質は違いますし、持っているアレルギーなども違っています。
合う合わないがありますから、もし飲んでいて異常を感じたらすぐに服用を中止して、医師に相談してみるのが一番です。

キミエホワイトプラスの料金について(返金保証の有無)

キミエホワイトプラスは薬局やドラッグストアなどには置いていませんから、買うならネット通販になります。
大手通販サイトのAmazonや楽天でも取り扱いがなく、今のところ公式サイトしか取り扱いがないんですね。
その代わり、公式サイトならお得な価格で購入することができます。

通常価格は4.200円なんですが、初回限定で何と1.900円という半額以下のお値段で買えてしまうんです。
5.000円以上だと送料無料、5.000円以下だと送料700円がかかってしまいますが、それでも通常価格よりもかなり安いですね。
返金保証などはありませんが、定期コースではなく1世帯1回限りのお試し価格での販売なんです。
半額以下でもサンプルサイズではなく、現品でしっかり約1ヶ月分はお試しできるサイズなのがうれしいですね。

キミエホワイトプラスの総合評価

シミやそばかすにしっかり作用する成分が3つも入っていますから、インナーケアで飲んでいけば効き目にも期待できますね。
有効成分の配合量も多く、余計な美容成分が加えられていませんから、美白に特化したインナーケアができます。
必要なものを必要なだけ配合した医薬品でコスパもいいですから、長く続けやすいです。
シミはそんなにすぐ消えてくれませんから、良質で効き目が高くコスパもいいキミエホワイトプラスならおすすめできます。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

ロスミンローヤルの成分と効果|口コミから見る信ぴょう性

NO IMAGE

REBLANCCOART(リブランコート)の成分・効果|飲み方や副作用について

NO IMAGE

ホワイトヴェールで憧れの美白に!成分・効果・口コミをチェック!

NO IMAGE

ホワイピュアは効果ある?成分や飲み方を確認!